2016年12月08日

ヒゲ付きNEWタイヤ

IRCのtuktuk MB90とか言うタイヤ。

買い物と近所の釣りにくらいしか使わない下駄だから何でも構わんよ。

サイズは純正と同じ90/90-10。

  • 20161208143733934.jpg


posted by nobike_nolife at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | 更新情報をチェックする

なんとかならんかスクーター!

アザラシ・・・もとい、野ざらしスクーター・ジョルノクレアのバッテリー・前後タイヤ・前カゴが揃ったので、まずは面倒なタイヤ交換からと始めたはいいけど、なんでこんなにメンドクサイの??



たかがリアタイヤ交換するのにメインボディカバー、フロアボード、マフラー一式、リアフェンダー、一部電装まで外さないとホイルが外れない(T_T)



せめてマフラーくらいはエキパイとサイレンサー部分で分離できるようにして欲しい。

スクーターに慣れたプロなら手際も良いのだろうけど、なにしろ初めてバラす部分だから勝手が分からないよな。



バイク屋さんに頼んだら幾らかかるんだろう? 工賃がスゴイんじゃない??

メーカーにはもうちっと知恵絞ってもらいたいな〜。

こういう高コスト体質もバイク屋さん離れの隠れた要因では?なんてあらぬ想像までしてしまうよ。

  • 20161208140656459.jpg
posted by nobike_nolife at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

高校生バイク「3ない運動」廃止含め見直し 埼玉県教委方針

高校生バイク「3ない運動」廃止含め見直し 埼玉県教委方針 全国で半数が推奨せず

産経新聞 10月5日(水)7時55分配信


※新聞社の記事は往々にして時間が経つと消えてしまうので、記録のためにクリップしておきます。


いやはや、いまだにこんなモンが生き残ってたことにビックリですわ(@@;)

ちなみに千葉はどうなっているのか今度調べてみようっと。


- 以下、記事を引用 -


『 県教育委員会は4日、県立高校生のバイク利用を禁じた、いわゆる「3ない運動」(免許を取らない、乗らない、買わない)について、廃止も含め見直す方針を明らかにした。全国の教育委員会の半数以上がすでに運動を推奨しておらず、県内の高校生のバイク事故による死傷者数はピークの昭和55年から20分の1程度にまで減少。県教委は検証組織を立ち上げて運動のあり方を検討する。(川畑仁志)

 同日の県議会一般質問で、関根郁夫教育長が松沢正氏(自民)の質問に答えた。

 県内の高校生のバイク事故死傷者数は昭和50年代に増加し、55年に1557人となった。県教委は56年、山間部で通学に不便な場合などを除き「高校在学中のバイク免許の取得、購入、乗車を認めない」との方針を定め、県立高校に指導要項を通知した。

 運動開始後、死傷者数は減少。平成23年は190人で200人を割り込み、27年には88人となった。県教育局は運動の効果に加え、車線の増設や直線化など道路環境の改善、交通安全意識の向上などが減少につながったとの見方を示した。

 県教委は現在も新入生に「高校生活にバイクは不要」と記載したリーフレットの配布を継続。松沢氏は一般質問で「バイクは悪と受け止められる記述だ」と指摘し、「保護者の同意があれば免許取得を許可して道交法や安全教育を学ばせ、乗車を認めるべきだ」と運動の廃止を主張した。

 これに対し、関根教育長は「選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるなど高校生の自立を促すことが求められている。交通安全を自ら考えさせることが大切だ」と答弁。関係者を交えた検証組織を立ち上げてバイクに関する生徒指導を検証し、運動のあり方を検討する意向を示した。

 全国的には、昭和57年から運動を展開してきた全国高等学校PTA連合会が、平成24年から自転車や歩行者も含めたマナーアップ運動に転換し、前面に掲げることをやめている。文部科学省が26年1、2月、47都道府県教委に実施した調査では、53・2%が運動を推奨しておらず、推奨は44・7%で半数を下回った。』


- 引用ここまで -

続きを読む
ラベル:3ない 高校生
posted by nobike_nolife at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBクリップ | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

昨日の敵は今日の友


時まさにHY戦争真っ盛りの時代にバイク屋の丁稚を勤めた我が身にとっては隔世の感ですな。
コスト削減と経営資源集約のためにHとYが手を組んで原付きを開発しようというお話。

コストと規制の板挟みでメーカーごとの個性も発揮しづらいご時世です。こんな選択肢もありなのではないでしょうか?
中型以上のバイクでこれをやられたら「なんだよ!」と言いたくなりますが、まあ、原付スクーターくらいなら単なる足として購入する層にとってはメーカーがHかYかなんて「どーでもいー話」なわけでして・・・

資源・ノウハウを集約する以上は、願わくば、スケールメリットを活かしてこなれた価格で高品質な、世界に恥ずかしくない原付きを作って欲しいものです。

ただ、それが売れるか売れないかは、むしろ法体系の抜本的な改革(道交法や免許制度、排気量規定など)に依存しているのでは?という思いもあるのですが・・・
posted by nobike_nolife at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

【スズカ8時間耐久レース】ヤマハ、ほぼ30年ぶりに2年連続優勝!

いや~、ヤマハ強かったですね!
87と88に続いて約30年ぶりの2年連続優勝だそうです。

XJ乗り・ヤマハファンとして心からお祝いさせていただきます\(^o^)/
posted by nobike_nolife at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

歴史好きバイカー集合せよ! 「松前城下時代まつり」(8/13 北海道松前町)

歴人マガジン」というwebマガジンに掲載されている情報でオモシロイものを発見したのでご紹介。

記事の3番めに紹介されている北海道で行われる「松前城下時代まつり」では、武者姿でバイクに乗り街を行進するそうです。
1_3_640.jpg
※画像は記事からお借りしました。

けっこう歴史好きな私としては参加したいけど北海道はちと遠い。
ライブ映像なんて配信しないですかね(^^ゞ


posted by nobike_nolife at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

Like a Wind

今はTV以外にもとてもオモシロイ番組をネット配信してくれているんですね。
日本のバイク情報TV番組、Like a wind(ライクアウインド)のWebサイトです。様々なジャンルのバイク動画を無料でご覧いただけます。ジャンルを問わずオートバイの楽しさを伝えるため日本全国をひた走るバイクスタイル情報番組です!
ラベル:Like a Wind
posted by nobike_nolife at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

【イベント情報】ビギナーバイクレッスン in 南千葉サーキット

ちょっと興味あります。参加したいな~♪
bike_s1.jpg
(画像はサイトからお借りしました)

カテゴリスクール
開催期間2016年07月31日
費用5500円(2回目からはリピータ割引5000円)
主催者南千葉サーキット
お問い合わせ0436-52-4400
イベントURLhttp://www.minamichibacircuit.com/indexp2.html

[ここに地図が表示されます]
posted by nobike_nolife at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

Beta 2016X-Trainer(クロストレイナー)250

おう、いかにも低中速に振ったチャンバーデザイン。

Xtrainer2015_IMG_58581-640x453.jpg

イイね! これ!!

点火や進角のマッピングはわからないけど、乗りやすそうな予感がするぞ~(^^)

国産でも2st.トレール再販してくれないかな?


posted by nobike_nolife at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

2016 大人のバイクレッスン in 千葉

YRA(ヤマハライディングアカデミー)が千葉でも開催されるようです。

13620348_524453741096059_5302299884799885448_n.jpg
posted by nobike_nolife at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
テスト記事下記述
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。