2016年05月27日

IFTTT経由でBlogの新着記事をEvernoteに自動バックアップする方法

ifever.png

手動でデータベースやら画像やらをバックアップするのはメンドクサイので、なんとかEvernoteとIFTTTを利用して美味しい方法はないかと探していたら・・・あった(笑)

このサイトで発見した情報だけど、覚書としてこちらでも再掲させていただきます。

EvernoteIFTTTのアカウントを持っているのはお約束。

  1. IFTTTでMy RecipesなどからCreate a Recipeを選択
  2. thisをクリックし、トリガーとしてFeedを選択
  3. New feed itemを選択
  4. Feed URLに「http://hoge.net/index20.rdf」のようにFeed(RSS)のURLをコピペする
  5. Create Triggerをクリック
  6. thatをクリックし、アクションチャンネルとしてEvernoteを選択
  7. Create a noteを選択
  8. Create Actionをクリック
    • 特に変更する必要は無いが、デフォルトではノートブックがIFTTT Feedになっているので自分はINBOXに変更した
    • ちなみにノートブック名として漢字や平仮名などの2バイト文字には対応していない模様

これだけ。実に簡単。
これで自分のブログの記事部分が見た目通りに保存されます。



ラベル:EverNote IFTTT
posted by nobike_nolife at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルネタ | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

トヨタ元社員が「やわらかいクルマ」ぶつかってもふんわり

1056918.jpg


これ、スゴく面白い取り組みだと思います。デザイン的には、ちょっと残念なところもありますが(^^ゞ

TPP絡みで軽自動車の存在が注目されるところですが、自分としては660ccという規格は今の時代にそぐわないと思っています。あくまでも感覚的なものですが、環境性能をクリアしたうえでの燃費と動力性能のウェルバランスは1000ccくらいになるのでは?

っで、此処から先は法整備も絡んできますが、軽規格を1000ccまでとして、ある程度の税敵優遇を与える。さらにこのクルマのような超小型車には格段の税制優遇するというのはどうでしょう?

たとえば、内燃機関の排気量360cc(昔の軽規格・排気量2合)とHVシステムを組み合わせた場合は格別の優遇をおこなうとか・・・だって、環境問題がクローズアップされるのは都市部が主なステージだし、渋滞や駐車場問題が注目されるのも同じ場所。ならば、こういうマイクロ物を自由度が高い都市交通のコミューターとして育成するのも一つの手段ではないかなと思うわけです。

その昔にモータリゼーションの走りとして庶民の足を確保するために生まれた軽規格は既にその役目が変わってきてしまっていると思うし、むしろ優遇され規格化されるべきは、こういったマイクロコミューターではないでしょうか。
だって、通勤時に家人を駅まで送るとか、近所のスーパーに買い物に行くとか、子どもの塾の送り迎えとか、会社や役所が書類一枚移動するとか、そんな目的ならワンボックスカーも軽自動車も、ましてやセルシオなんて必要無いじゃないですか。

たとえば360cc単気筒エンジンを発電用として、そこから発生した電気だけで走る電気自動車。これも立派なHVですよね?少ない燃料消費で、充電式のEVには真似のできない航続距離が望めるこういうものを優遇して増やすことが、都市部の環境問題を改善する一助となると考えています。

ついでに言えば、私が住む田舎では充電式の小型コミューターは用をなさないという事実もあります。
航続距離が30~50Km程度では、隣町のスーパーに買い物に行くのも「冒険」になってしまいますから(笑)
さらに言えば、モーターアシストのHV車が、実はやたらと飛ばしている現状を考えると、今のHV優遇税は必ずしも当初の目的に合致していないと思うのですよ。

こういった取り組みが実を結び、行政の支援が後押ししてくれることを、心から臨んでいます。

posted by nobike_nolife at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
テスト記事下記述
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。